Macでパスワード付きZip作成(Finderで圧縮したZipファイルにパスワード設定すると開けなくなる)

パスワード付きZipファイルを作成する際、毎回コマンドを忘れて調べ直すのですが、Finderで圧縮してからパスワードを設定する古い情報ばかりがヒットして、面倒なので個人的なメモとして残します。2022/09/08時点での情報です。

目次

手順1 ターミナルを開き、圧縮したいファイルがフォルダに移動する

今回は以下のファイルをパスワード付きZipにします。

[書類] > [dev] > [zip-test]フォルダにファイルを作成しました。

ターミナルを起動してファイルのあるフォルダに移動します。

上記のフォルダに移動する場合は、ターミナル上で

cd ~/Documents/dev/zip-test

と入力してEnterを押します。
※ファイルのあるフォルダのパスに合わせて変更してください。

cdコマンドがよくわからないという場合は、以下の方法でも大丈夫です。

  1. Finderでファイルのあるフォルダを表示する
  2. Finderのウインドウ下部にあるフォルダ名を右クリックする
  3. メニューの「”ターミナル”で開く」をクリックする
Finderからフォルダの場所をターミナルで開く方法

手順2 パスワード付きZipファイルを作成するコマンドを実行する

今回は「sample.txt」ファイルから、パスワード付きのZipファイル「hogehoge.zip」を作成します。

以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

zip -e hogehoge.zip sample.txt

※「hogehoge」の部分は、好きな名前を付けてください。
※「sample.txt」の部分は、圧縮したい元のファイル名を入力してください。

zip -e [作成するzipファイル名] [圧縮したいファイル名]

フォルダを圧縮したい場合

複数ファイルをまとめて圧縮したい場合、それらのファイルを格納したフォルダを用意して、フォルダを圧縮します。

フォルダを圧縮したい場合は、コマンドのオプションを「-e」から「-er」に変更してください。
また、圧縮する対象のファイル名のところを、ファイル名ではなく対象のフォルダ名にします。

zip -er [作成するzipファイル名] [圧縮したいフォルダ名]

手順3 パスワードを入力する(2回)

コマンドを実行すると、Zipファイルに設定するパスワードの入力を求められるので、同じパスワードを2度入力します。

パスワード入力を2度求められる

なお、パスワード入力の際は、キーを押しても画面上には何も表示されません。
入力できていないように見えますが、入力されているので安心してください。

1回目のパスワード入力が終わったらEnterキーを押します。すると、2回目の入力を求められます。

パスワード付きZipファイル完成

2回とも同じパスワードを入力したら、圧縮したいファイルと同じフォルダに、パスワード付きZipファイルが作成されます。

Zipファイルが作成できたら、パスワードの打ち間違えがないか、念のためZipファイルが展開できるか確認をおすすめします。

よくあるトラブル Windowsパソコンで展開(解凍)するとファイル名がおかしくなる

WindowsとMacでは文字を表示するための方式が異なっています。

そのため、ファイル名にひらがなや漢字などの2バイト文字を使用したファイルを圧縮して、異なるOSで展開(解凍)するとファイル名が記号の羅列のようになってしまう「文字化け」が発生します。

異なるOS間でファイルのやりとりをおこなう場合は、圧縮する元のファイルと圧縮後のZipファイルともに、ファイル名に半角の英数字のみを使うようにしてください。

文字化けの問題を回避できる圧縮ソフトもあるようです。異なるOS間でやり取りするが、日本語のファイル名のまま圧縮したい場合は、調べてみてください。

現在、Webサイト改善のために、Google Analyticsによるアクセス分析を勉強しています!

以下のボタンが押された回数を計測中なので、良ければポチっと押していただけると嬉しいです!

\ ポチッと応援ありがとうございます!/

 

みんなにシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次