【Win10】「Win+Shift+S」スクリーンショット&切り取り機能を「PrintScreen」で使う設定手順【同時押し面倒】

パソコン

Windowsには、以前からキーボードの「PrintScreen」ボタンで、画面を画像で保存する(スクリーンショット)機能がありました。

Windows10では、「Windowsキー+Shift+S」を同時押しすることで、画面の好きな範囲のスクリーンショットを撮れる機能が追加されています。

(画面全体や特定のウィンドウを指定してスクリーンショットを撮ることもできますよ!)

で、この機能、便利ゆえに仕事でかなり頻繁に使わせてもらっているのですが、一点ちょっとした悩みが。

それは…。

3つのキーを同時押しするのが面倒くさい💦

ということで調べてみたところ、

設定1つで「PrintScreen」ボタンに新しいスクリーンショット機能を割り当てられました!

「これは、楽では…!」と感動したので、その設定手順を画像付きでお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

Win10の新スクショ機能を「PrintScreen」ボタンで使えるようにする設定手順

「Windows10やパソコン操作は詳しいよ、とにかく手順だけ教えて!」という方のために手順を箇条書きにしました。

たったこれだけ、ものの30秒で設定完了です!

  1. 画面左下のWindowsロゴ(スタートボタン)をクリックします
  2. スタートメニューから歯車アイコン(設定)をクリックします
  3. 設定画面で「簡単操作」をクリックします
  4. 左側メニューの下の方「操作」にある「キーボード」をクリックします
  5. 「キーボード」画面が表示されたら、画面を下にスクロールします
  6. 「プリントスクリーンのショートカット」という項目の「PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く」の設定を「オン」にします

「ちょっと字だけじゃ分からないよ」という方も、これから画像付きで手順をお伝えしますのでご安心を!

新スクショ機能を「PrintScreen」ボタンで使えるようにする画像付き設定手順

それでは手順を画像付きでお伝えしていきますが、念のため全体の流れをもう一度。

  1. 画面左下のWindowsロゴ(スタートボタン)をクリックします
  2. スタートメニューから歯車アイコン(設定)をクリックします
  3. 設定画面で「簡単操作」をクリックします
  4. 左側メニューの下の方「操作」にある「キーボード」をクリックします
  5. 「キーボード」画面が表示されたら、画面を下にスクロールします
  6. 「プリントスクリーンのショートカット」という項目の「PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く」の設定を「オン」にします

この6ステップを1つずつ見ていきます。

手順1)Windowsロゴ(スタートボタン)をクリック

まず、Window10の画面の左下にあるWindowsロゴ(スタートボタン)をクリックします。

手順2)スタートメニューで歯車アイコン(設定)をクリック

Windowsロゴ(スタートボタン)をクリックすると、画面下からヌッとスタートメニューが現れます。

その左端にアイコンが並んでいるので、その中の歯車のアイコンをクリックしてください。(設定画面を開きます)

手順3)設定画面で「簡単操作」をクリック

設定画面が表示されたら、「簡単操作」と書かれているところを探してクリックしてください。

(下の画像は設定画面の一部を切り抜いているので、見た目が違っていると思いますが気にせずクリック)

手順4)左側メニューの「操作」にある「キーボード」をクリック

「簡単操作」の画面が表示されたら、画面左側にあるメニューの下の方に「キーボード」という項目があるのでクリックします。

表示されていない場合は、画面を下にスクロールしてみてください。

手順5)「キーボード」画面を下にスクロール

「キーボード」画面が表示されたら設定変更するのですが、設定項目が下の方にあるので画面を下にスクロールしていきます。

手順6)「プリントスクリーンのショートカット」項目の「PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く」を「オン」に設定

画面を下にスクロールすると、下の画像のように「プリントスクリーンのショートカット」という項目が見つかると思います。

そこの「PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く」の設定を「オンにしましょう。

設定手順は以上です!

PrintScreenボタン1つで、Windows10の新しいスクリーンショット機能を使えるようになりました!

記事のスクリーンショットと手書きの赤線は、Win10の新スクショ機能で作りました

この記事の操作画面のスクリーンショットとクリック箇所を示す手書きの赤線は、Win10の新スクショ機能で作りました。

どうでしょう?手書きの線は味があるものの、仕事の納品物にはちょっと厳しいかもしれないですね。

ただ、ブログ記事や自分用のマニュアルなら、パッと撮れて、サッと書き込み、ペタッと貼れて使い勝手がかなり良いですよ。

この記事の設定で楽に使えるようになったら、ぜひ活用してみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

まだWin10の新スクショ機能とこの設定を知らない人のために、ぜひ記事のシェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました