スポンサーリンク

ハワイ島で使います!レンタルWi-Fiルーターの「アロハデータ」

この記事は約3分で読めます。

ハワイ島で使えるレンタルWi-Fiルーターって何がいいんだろう?

レンタルWi-Fiルーターって多いので、何にすればいいのか悩みますよね。

私も今回ハワイ島に行くにあたって悩んだ結果、「アロハデータ」というレンタルWi-Fiルーターを借りて、持っていくことにしました。

アロハデータの公式ページは、下のリンクから確認できます。

「アロハデータ」は、ハワイ専用のレンタルWi-Fiルーターで、以下の4つの島で利用できます。

  1. オアフ島
  2. マウイ島
  3. ハワイ島
  4. カウアイ島

プランには以下の3つがあって、主に通信データ量と電池のもち、島ごとの繋がりやすさに違いがあります。

  1. スーパーアロハデータ
  2. アロハデータbasic
  3. アロハデータBIG

各プランの詳細は、アロハデータの公式ページで確認してみてください。

1番上位のプランは、「スーパーアロハデータ」で、1日930円で容量無制限です。

旅行先でそんなに通信データ量は必要ないんじゃない?

と思われるかもしれません。

でも、ショッピングモールで奥さんや子供たちが買い物してるのを待つ間、動画を見たり、本をダウンロードして読んだりなんてことも、無制限なら容量の残りを気にせずできちゃいますよ。

また、ビーチでのんびり横になりながら、YouTubeミュージックなどのサービスで音楽を聴くこともできますね。

ただ、今回私は「スーパーアロハデータ」ではなく、「アロハデータbasic」をレンタルしました。

その理由は、ハワイ島では「アロハデータbasic」が一番電波のつながりが良いという情報が公式サイトにあったからです。

プランごとに通信会社が異なっていることが、つながりやすさの違いになっているようです。

「アロハデータbasic」は1日780円で、通信データ量は700MB/日です。

「スーパーアロハデータ」のように、出先で動画を見続けるような使い方はできませんが、

  • 離れた場所にいる家族と待ち合わせ場所の連絡を取る
  • 行きたいお店の場所をマップを確認する

この程度の利用であれば、十分すぎる容量だと思います。

なお、一番リーズナブルな「アロハデータBIG」は、今回の旅行ではレンタカーを借りて長時間外出する予定があるため、電池の持ちが少し心配で選びませんでした。

「アロハデータBIG」の電池の持ちはカタログスペックで8時間になっているのですが、経験的にこういったものはカタログスペックより短くなる傾向があります。

仮に最悪の場合を想定して、電池の持ちがカタログスペックの半分の4時間だった場合、

外出中に電池が切れてしまうかも…

と心配になってしまい、「アロハデータbasic」にしました。

あ、ちなみに「アロハデータBIG」が使えないわけではありませんよ。

例えば、オアフ島のホノルル近辺に宿泊して、近場でちょこちょこ遊ぶときなど、出先とホテルが近い場合は、電池の持ちをそこまで気にしなくても大丈ですよね。

そんなときは、1番安い「アロハデータBIG」がお得だと思います。

利用する状況に合わせて使い分けたいですね。

画像 アロハデータ公式ページより

12月25日までに申し込むと、20%オフのクリスマスキャンペーンをやっています。(今日まで!)

このキャンペーン中にレンタルすると、通常930円の「スーパーアロハデータ」が20%オフで744円になり、「アロハデータbasic」(780円)より安く利用できちゃいます。

他の時期にもキャンペーンをやっているかもしれないので、ハワイ旅行に行く前には、ホームページでキャンペーン情報を確認してみるのがおすすめです!

また、27日以上利用する場合にお得になるマンスリープランもあるので、もし1ヵ月以上など長期でハワイに滞在する場合には、チェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました