Windows10のテキスト変換がおかしい!「変換候補が2つしか表示されない」を直す手順【画像付き解説】

パソコン

この記事は、2020年12月21日に書いています。

今日、私のWindows10パソコンで仕事を始めたら、テキストを変換するときに、変換候補が2つしか表示されなくなっていました…!

たとえば、「へんかん」を変換しようとスペースキーを押すと「変換」→「返還」と表示されたあと、変換候補が変わらなくなってしまったのです。

昨日までは正常に使えていたのですが、これでは仕事になりません!

ということで、慌てて試行錯誤した結果、私がこの問題を解消した方法をシェアしたいと思います。

ちなみにテキストの変換に使用しているのは、Windows標準の「Microsoft IME」です。

(Windowsを使用していてほかの日本語変換ソフト(「Google日本語入力」など)をインストールした記憶がない場合は、「Microsoft IME」を使用しているはずです。)

スポンサーリンク

対処方法

この問題の原因はおそらく・・・など、今のあなたにはきっとどうでもいいことでしょうね。

ということで、さっそく手順にいきましょう!

Windows10のテキスト変換がおかしくなって、変換候補が2つしか表示されないときの対処手順は、以下の6ステップです。

  1. タスクバーの「あ」または「A」を右クリックして、IMEオプションのメニューを開く
  2. メニューの「設定」をクリックする
  3. Microsoft IMEの設定画面で「全般」をクリックする
  4. 「全般」画面を一番下までスクロールする
  5. 設定項目「互換性」の「以前のバージョンのMicrosoft IME」を使うをオンにする
  6. 問題が解決したか確認する

それぞれのステップについて、画像付きで確認したい場合は、以下をご覧ください。

1.タスクバーの「あ」または「A」を右クリックして、IMEオプションのメニューを開く

パソコンの右下、時刻などが表示されているところに「あ」または「A」のアイコンがあります。

そのアイコンを右クリックしてください。

2.メニューの「設定」をクリックする

アイコンをクリックすると、下の画像のようなメニューが表示されます。

メニューの下のほうにある「設定」をクリックしてください。

3.Microsoft IMEの設定画面で「全般」をクリックする

「Microsoft IME」の設定画面が、新しいウィンドウで表示されます。

画面の「全般」をクリックしてください。

4.「全般」画面を一番下までスクロールする

「全般」画面が表示されたら、設定項目がずらっと並んでいます。

今回変更する設定は一番下にあるので、画面を一番下までスクロールしてください。

5.設定項目「互換性」の「以前のバージョンのMicrosoft IME」を使うをオンにする

「全般」画面を一番したまでスクロールすると、設定項目の「互換性」が見えると思います。

※もしかしたら画面サイズなどの影響で見えない場合もあるかもしれません。その場合は、少し上にスクロールしてみてください。

設定項目「互換性」のなかに「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」があります。

「オフ」と表示されているところをクリックして「オン」にしてください。

設定を「オン」に変更すると、以下のような「IMEバージョンの変更」確認画面が表示されます。

「OK」をクリックしてください。

6.問題が解決したか確認する

以上の設定が完了したら、メモ帳などを開いて、テキスト変換が正常になったか確認してみてください。

私の環境では、この設定でテキスト変換の問題が解決しました。

同じ症状でお困りの方は、一度試してみてくださいね。

もしこの設定をしても解決しないという場合は、原因が違う可能性があります。

今回行った設定「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」を「オフ」に戻しておきましょう。

私の周りにはライターさんが多いのですが、ライターさんにとってテキスト入力が正常に行えないことは死活問題です。

もちろん、ライターさんに限らず、サラリーマンでも学生でも、同様に大きな影響がある問題だと思います。

この設定方法が役に立ちましたら、ほかの困ってる人に届くよう、ぜひシェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました